11日のNYダウは、2万5,322.31ドルと前日比+5.78ドルと小幅上昇となりました。様子見ムードがものすごく強く出ています。 ドル円は、110円丁度付近での展開です。

気がかりになっていたのが、週末のG7サミットでした。

G6とトランプ大統領の亀裂が確かなものになり、今後どうなるかは全くの未知数です。しかしG6とトランプ大統領の亀裂は、ある意味想定内です。

首脳宣言も出ていることもあり、特に大きな波乱は見受けられませんでした。一方ユーロドルはと言うと、1.18ドルを挟んでの展開です。欧州時間に1.177ドルまで値を落としていましたが、堅調に推移しています。

さていよいよ明日(今日)は、全世界が見守る米朝首脳会談です。米朝首脳会談が終われば、FOMC・ECBとビッグイベント目白押しです。

引き続き日本市場では日経平均株価、2万2,878.35円と前日比+74.31円となりました。ただ全体的に見てみると、株価の動きはものすごい不安定です。

きっかけになったのが、米朝首脳会談でした。 12日シンガポール南部にあるセントーサ島にて、ついに米朝首脳会談が開催されました。非核化についても話し合われ、一応日本人拉致問題についても取り上げられたようです。

しかし大きな第一歩になったかと問われると、何とも言えないのが正直な所です。 ドル円は朝方につけていた109.9円から、110.4円にまで一気に上昇しました。しかし全体的に上値は抑えられた形となり、不安定な動きとなっています。

一方ユーロドルはと言うと、1.177ドルから1.174ドルまで下落。でも少しずつ調子を取り戻し、東京時間終了時には再び1.177ドルへ戻すことができました。